本文へスキップ

声は第一印象です。変身したい人から声優志望まで!

電話でのお問い合わせは各教室まで

voice@e-na-se.com

教育方針policy

方針 『好きこそモノの上手ナレ』

教育方針イメージ


好奇心【こうきしん】は夢【ゆめ】をつくります。

夢【ゆめ】をもつと情熱【じょうねつ】がわきます。

情熱【じょうねつ】があれば挑戦【ちょうせん】できます。

挑戦【ちょうせん】は感動【かんどう】をあたえます。


目標 『大きな声で、元気良く、アクション!』

目標イメージ
基礎から実践まで幅広い演劇表現を学ぶ事で、表現力と自主・独創・積極性を身に付けます。

素質を引き出す事は勿論、演劇を通じて集団活動に親しみ、思いやり溢れる人格を形成する事が本講座の主旨です。

取材 生徒さんインタビュー


「幼稚園の同級生と比べて滑舌の悪さが気になったこと、自身の表現力の不足を痛感したことがあり、『人と違う習い事の方が強みになる』とも思った。」5才男子の母親(読売新聞)

「しっかりとコミュニケーションがとれる大人になってほしい」5才男子の母親(読売新聞)

「小さな頃に頑張った経験は、将来の糧になる」校長(読売新聞)

「アイドルや女優は体で演技する感じだけど、声優は声だけで演技するところに感動したんです」小4女子(週刊朝日)

「夢はアナウンサーです。重大なことを自分で伝えられる仕事がしたいんです」小5女子(週刊朝日)

「幼児は『小学校に上がるまでに滑舌をよくしたい』『引っ込み思案を直したい』という親御さんの希望が多いですが、小学生からは本人の希望が多いです。」校長(週刊朝日)

「今は声優が子どもの夢になっている時代なんです。きっかけはアニメやゲームで、むしろアイドルより声優になりたいという子もたくさんいます」校長(週刊朝日)

「自分に自信が一つでもあったらいいかなと思ってすすめた。すごく自信が持てるというか、大きい声でお話しする練習にはなっていると思います。」小4女子の母(TBS「あさチャン!」)

「人前で話すことは得意なタイプでは有りませんでした。今では、人前で話す時にも動じなくなり、校内放送のアナウンスなどもしています。」小5女子(TBS「あさチャン!」)

「目に見える仕事よりも聞こえる仕事の方が、親とか音声だったらすぐに届けられるし、声を使った仕事だと町なかなどで流れていて、親孝行じゃないけど、分りやすいかなと思って・・・憧れですけど」中3女子(TBS「あさチャン!」)

「相手との距離を測ったり、感情を感じたりして、コミュニケーションをとるというのが、演技ですので、演劇を通してコミュニケーションを高めるということはあると思います。」校長(TBS「あさチャン!」)

取材記事
こどもアニメ声優教室こどもアニメ声優教室こどもアニメ声優教室
こどもアニメ声優教室こどもアニメ声優教室こどもアニメ声優教室
こどもアニメ声優教室こどもアニメ声優教室こどもアニメ声優教室
こどもアニメ声優教室こどもアニメ声優教室こどもアニメ声優教室



information

体験・入学随時受付中!

まずはお気軽に体験から